デリヘルに密かな願望を求めるくる変態客

デリヘルに来る神経質すぎる風俗客

投稿日:2015年11月19日 更新日:

デリヘルでも喫煙者は肩身がせまい

お客がデリヘル店に風俗嬢を頼むとき、タバコを吸わない女の子とリクエストされる事は珍しくない。
禁煙者からすればタバコを吸う女性とキスする時にでも匂いが気になるというのはごく自然で理解できるからだ。

そして世の中にはだらしないなどのルーズな人も居れば、必要以上に几帳面な人もいる。
一般的なデリヘルでフェラチオをしてもらう場合、当然そのままの生で行うのが当たり前なのだが、神経質な人はジュニアにゴムをつけた上からゴムフェラをしてもらうのだ。
彼らに言わせると、性病は粘液につくだけに女性器の病気はのどにも付着しているので、性病になりたくないから防御策だという。実はこれ確かに本当の話で利に適っているのかもしれないのだが、正直味気ない気もする(笑

デリヘルに来る神経質すぎる風俗客

潔癖症がデリヘルを利用すると…

ところが極稀に神経質すぎるだろうというお客はどこにでも少なからずいるのだw
キス拒絶、生フェラ拒絶まではまだいい。性器をこすりつける素股も駄目からはじまり、風俗嬢の胸を触る程度ですぐに手を洗うレベル。また女性を触るとすぐに手を洗いにいくのだ・・・そして性器を見せてくれとリクエストして鑑賞しながら自分で自家発電して終了。

簡単にいえば女性は非常に汚い生物であると言わんばかりの神経質な手洗いなどの行動を繰り返し、今日はエロDVDではなく生の女性器を鑑賞してオナニーしているだけといった具合なのだ。
そんな事して女の子は気分を害するのではと思うがデリヘル嬢からすればこれほどプレイ上では楽なお客はいない。だが、自分が汚物扱いされているのがわかるだけにNGを出すなど変り種のお客がいるものだw
潔癖症とはまさにこのことだと実感させられるが、プライベートでお付き合いする女性にも同じようにするのだろうか・・・などと考えてはみたもののきっと交際相手すら大変なだけにお付き合いできる女性も少ないはずだという勝手な結論に至ったのだ。
デリヘル店に行くからには万が一の性病で病院に通っても笑ってすます位の器量が欲しいが、神経質すぎる方の職場でご一緒にはなりたくないなとも思うこの頃だ(笑

女性よりも几帳面な男性はどこにでもいるもので、プレイの要望以外でもしっかりと風俗嬢たちは対応してくれる。
希望や要望はしっかりと口に出して伝えることでデリヘルで究極の快感を味わうことができるはずだ。まずは女の子にサービスに対して等のリクエストがあるのならば、プレイ可能なのかどうかを聞いてみることをお勧めする。

-デリヘルに密かな願望を求めるくる変態客

Copyright© デリヘルの客にはアブノーマルな願望を持つ変態客が多い , 2017 AllRights Reserved.